ご案内 申込方法 利用申込書類 利用の手引き ご家族での利用 活動計画の作成 到着〜出発(本館) 到着〜出発(キャンプ場) 冬季利用の注意事項 必要経費・支払方法 野外炊事用食材 販売教材 スキー用品レンタル 空室状況 ご利用の実際(キャンプ場)

1. 事前の準備
  • テントは1張8人、食堂は1テーブル8人掛け等8人を基本としたグループ活動が多く組まれております。 活動計画を立てる際は8人ごとのグループを基本にお考えください。
  • 利用者が、児童・生徒・成人に関わらず、健康保険証(コピー可)を必ず用意してください。
  • 宿泊棟、プレイホール(春〜秋)以外は、外履きで活動できます。プレイホールでの運動用に履き物を持参すると便利です。
  • 浴室にはボディソープとリンスインシャンプー、ドライヤーが備え付けてあります。
  • 全参加者に対して、活動のねらい、班編成や役割分担、自然の家の利用方法・生活方法等を説明しておいてください。
  • なお、当自然の家の利用方法等を解説したDVDがありますので、貸し出しを希望される団体は事前打合せ時等にお申し出ください。

2. キャンプ場到着

受付
  • 原則として午前8時30分から午後8時の間に到着してください。
  • 到着したら、引率責任者はサービス棟事務室及びセンター事務室で受付をしてください。なお、受付には少し時間がかかりますので、他の参加者は到着式会場等に移動させておいてください。
  • 受付の際には、次の事項について確認させていただきます。
    • 利用団体名及び引率責任者
    • 利用人数及び参加者名簿
    • 使用テントサイト
    • 活動計画及び活動で利用する施設設備・用具
    • 施設利用に当たっての諸注意
    • 出発時に提出する書類
    • 食事数又は野外炊事材料の数
    • シュラフシーツの枚数
    • その他必要事項
  • 駐車場は、第2駐車場、又は第1駐車場です。キャンプ場への車の乗り入れはできません。なお、荷物の搬入で一時的に駐車する場合は、サービス棟事務室で車両入構許可書をお受け取りください。
  • テントは午前11時から利用できます。
  • キャンプセンターのシャワールームは午後6時から午後10時(厳守)の間利用することができます。(ご利用を希望の方は、事前にご連絡いただくか、受付時にお申し出ください。)

シュラフシーツ・寝袋・テントの借用
  • キャンプセンターでシュラフシーツと寝袋(ドームテントに宿泊の場合はテント・グランドマットも)をお渡しします。

3. キャンプ場での生活と活動

キャンプ用具の借用・返却
  • キャンプセンター事務室(不在時はサービス棟事務室)にお申し出ください。
  • 原則として午前8時30分から午後5時の間に行います。
  • 返却の際は、数や汚れの有無等を点検してください。
  • 用具等を破損・紛失した場合には、キャンプセンター事務室にお知らせください。
【利用者(団体)で用意するもの】
マッチかライター、懐中電灯、軍手、食器洗い用洗剤・スポンジ、まき、ふきん、ぞうきん、 クレンザー、研磨剤入りナイロンたわし、たき付け用古新聞か牛乳パック、シュラフを乾かすロープ等

自然の家で貸し出せるもの
常設テント※写真1 8人用 19張  
テント※写真2 4人用 8張 ドームテント(スノコの上に設営します)
テント 7人用 4張 ドームテント(スノコの上に設営します)
シュラフ 1人用 200個 シェラフシーツを必ず使用してください
ロールマット 1人用 100枚 ドームテント用
電池ランタン   19個 電池(単3を3本)はご持参ください
野外炊事セット
※写真3
8人用 24セット コッフェル(ナベ)1(大・中・小)、まな板2、はし8、スプーン8、フォーク8、しゃもじ1、おたま1、フライ返し1、食器(皿)8、 食器(おわん)8、包丁2、菜ばし1、ボール(大・小)2、 水切りざる2(大・小)、鉄板1、かご1(用具内訳のカード1)

写真1
常設テント
写真2
テント
写真3
野外炊事セット

野外炊事

野外炊事の食材
  • 1セットは8人分です。ただし、グループ編成の人数により、1/2セット(4人分)もあります。
  • キャンプセンターの食品庫に利用団体別に入れてありますので、各団体でお持ちください。
  • 持ち込みは、食中毒防止のためご遠慮いただいております。
  • 野外炊事用具はキャンプセンターの用具庫にあります。指定された番号のセットを使用し、使用前後には数量を確認するとともによく洗浄してから使用、収納してください。
  • 野外炊事で出たゴミは、指定のゴミ袋(食材セットに付いているゴミ袋又は売店で購入したゴミ袋)に団体名を明記して食堂裏のゴミ置き場へおいてください。
  • まきは、事前に自然の家に注文することができます。
  • まきは燃やしきり,灰は灰捨て場に捨ててください。かまどには水をかけずに,ほうきで掃き掃除をしてください。
  • 野外炊事終了後は、職員が食器等を点検しますので、食器洗い及び炊事棟掃除が終わったらキャンプセンター事務室又はサービス棟事務室に連絡してください。
  • キャンプ場炊事棟について(463KB)
持ち込み・ゴミの取り扱い
  • 飲食物の持ち込みはご遠慮ください。飲食物は当自然の家食堂へ事前に注文されるか、売店をご利用ください。
  • ゴミはすべて持ち帰ってください。
    (ただし、宿泊棟トイレの汚物入れについては持ち帰らなくて結構です。)
  • 到着日のお弁当ゴミ、野外炊事の残飯等で持ち帰れないもの及び売店で購入したものについては、指定のゴミ袋(可燃物用と不燃物用あり)を売店で購入し、よく分類して指定の場所においてください。
  • ゴミ袋には団体名を明記してください。燃えるゴミは食堂裏のゴミ置き場へおき、燃えないゴミは食堂事務室にお持ちください。
  • 缶・ビン類は、ゴミ袋に入れる前に中をよく水洗いしてください。

飲酒・喫煙について

飲酒について
  • 青少年教育施設ですので,原則として飲酒はできません。
  • プログラムの一部として交流会・情報交換会が必要な場合、サービス棟事務室へ申し出ください。(食堂で午後7時30分から午後10時までの間で、事前の予約が必要になります。)
  • 飲酒が原因で他の利用団体に迷惑を及ぼした時は、退所していただくことがあります
喫煙について
  • 喫煙については、灰皿の設置してある場所(サービス棟1階事務室裏非常口・キャンプセンター1階出入口)以外ではご遠慮ください。(館内禁煙)

その他
  • 貴重品は利用者各自で保管してください。なお、サービス棟1階事務室前及びコスモス銀河棟1階浴室前にコインロッカーがあります。必要に応じてご利用ください。
  • ペットの同伴はご遠慮ください。ただし、盲導犬等はサービス棟事務室にお知らせください。

緊急時等の連絡
午前7時30分から午後2時30分までは、キャンプセンター事務室に職員がいます。 職員がいない場合は、キャンプセンター事務室カウンターの電話で内線220番(サービス棟事務室)もしくは内線224番(宿直室)に連絡してください。

4. キャンプ場出発

テントを出る前に
次のことをすべて終了し、午前10時までにテントサイトをあけてください。
  • 日光や風が当たるよう、テントの両側をあけておいてください。
  • 使用したテント内及び周辺、トイレの掃除をしてください。
  • シュラフをたたんで袋に入れ、わんぱくルームに収納してください。
    シュラフがぬれている場合は、テントサイトにロープを張って乾かしてから収納してください。雨天の場合は、わんぱくルームで乾燥させてください。 ロープを木に巻く時は、タオル等で木を保護してください。
  • 用具の返却は、キャンプセンター事務室またはサービス棟事務室へ連絡してください。
  • 食費、教材費、シーツ等洗濯費用を食堂事務室にてお支払いください。(引き続き本館に宿泊する場合は利用最終日で結構です。)
  • 利用団体票、アンケートをサービス棟事務室へ提出してください。
  • 出発日に活動があるため、荷物を自然の家に置いておきたい場合は、ご相談ください。