おすすめ活動 夏季野外活動 冬季野外活動 室内活動 奉仕活動 妙高アドベンチャープログラム 周辺マップ 目的から選ぶ活動プログラム 集団宿泊活動ガイドブック 幼児向け活動プログラム
春のおすすめ活動
早春の植物と新緑を満喫しよう
自然の家の周辺は、平野部より1か月近く遅くやってきます。藤巻山では、ブナをはじめ多くの木々が新緑に芽吹き、 キタコブシの真っ白な花が見られます。また、スプリング・エフェメラル(春の妖精)といわれるニリンソウやキクザキイチゲ、 カタクリの花が咲き乱れます。
プログラムシート
残雪の野原をつぼ足でストレートハイク
春(3月)の妙高は、堅い残雪が1m以上あり、長ぐつで森や山に出かけることができます。 雪原を方位磁石(コンパス)を頼りに、ストレートハイク(地図とコンパスで目的地にいかに正確に到着するかを目指します。) を楽しむことができます。
夏季野外活動一覧(春・夏・秋)
夏のおすすめ活動
マイスプーン・マイフォーク
森林の中にはたくさんの木の枝が落ちています。雨風にうたれたり、雪の重みで折れたり、 人の手によって除伐されたりしたものもあります。この活動は、森林の中から自分のお気に入りの小枝を拾ってきて、 それをスプーン(フォーク)の柄に用い、自分だけのオリジナルスプーン(フォーク)を制作するものです。
所要時間は材料採集の時間を除くと1時間ぐらいです。
詳細はこちら
アドベンチャーオリエンテーリング
自然の家敷地内を網羅するオリエンテーリングコースを歩きながら、環境学習ゲームや、 イニシアティブゲームを行う、総合的な活動です。指導者のねらい、思いにあわせてアレンジすることが可能です。 ここでは、その一例として紹介させていただきます。
敷地全体を歩くことで自然の家の環境の理解にもつなげることができます。
詳細はこちら
源流探検
この活動は、「イワナの里」と呼ばれる施設を流れる小さな川を、川の源流を目指して歩きながら、 上流域の川の流れを、五感を使って感じたり川に棲む生き物を観察したりするものです。
「イワナの里」は、源流まで往復しても、 小学生ならば3時間、中学生ならば2時間30分程で行ってくることが可能です。 そして「上流域の川にはどんな生き物が棲んでいるのだろう。」「川の始まり(源流)を見てみたい。」 という子どもたちの知的好奇心を十分満足させることができます。
詳細はこちら
野外炊事〜ビックリスタイル〜
従来の野外炊事は、調理するメニューは決められている場合がほとんどですが、この活動は、 提示された食材から自分たちでメニューを考えて調理する「課題解決型野外炊事」です。
限られた食材をいかに有効に使うかグループ内での話し合いはもちろんですが、必要な食材や道具の貸し借り等、 ほかのグループともコミュニケーションを行わないと考えたメニューは完成しません。
所用時間は、準備〜調理〜会食〜後片づけ〜点検まで4〜5時間程度です。
プログラムシート
夏季野外活動一覧(春・夏・秋)
秋のおすすめ活動
森のレストラン
森にある木の葉や朽ちた木切れ、キノコなど様々な色や形をしたものを食材に見立てて料理を創る活動です。
森や自然に触れ、料理の材料を探し出す活動をとおして、創造力を働かせながら自然をより深く観察する目を養います。
詳細はこちら
森のビンゴ
身近な自然をテーマに「みる」「きく」「かぐ」「あじわう」「ふれる」の五感の全てを働かせて、 数字のかわりに自然の中にある様々なものを見つけ、ビンゴを完成させていくゲームです。
詳細はこちら
森の宝物探し
指導者が事前に用意しておいたキノコや花、実、葉などを子どもたちに見せ、これと同じものやその仲間を探してくるという活動です。 同じものを探すという課題を与えれば、注意深くその特徴を観察するようになり、同じ仲間のものを探すという課題を与えれば、 その多様性に気づくことができます。
詳細はこちら
森のつながり探し
「お題」となる自然物の特徴から同じ特徴をもつ自然物を見つけ、さらにその自然物と同じ特徴を持つ自然物をみつけていくという、 森の中の「しりとり」のような活動です。
詳細はこちら
夏季野外活動一覧(春・夏・秋)
冬のおすすめ活動
冬の森に出かけてみよう
自然の家には、大きく分けて6つのツアーコースがあります。冬季は積雪が2メートルを超え、 普段は見ることのできない世界があなたを待っています。
冬の森の樹木探検や動物の足跡を探すアニマルトラッキングができます。
プログラムシート
 雪原で遊ぼう
友達と雪の上でじゃれあったり、雪玉をつくって投げたりしますが、もっと楽しく魅力的な雪原での遊びもあります。 おすすめは、”足跡づくり” ”津波ゲーム” “落とし穴ゲーム” “陣取り遊び”等があります。
プログラムシート
 かまくら・雪洞をつくって遊ぼう
雪国のイメージにふさわしい「かまくら」や「雪洞」づくりをすることによって、 グループ内の団結心や協力して取り組むことを通して仲間づくりができます。 また、内部の保温性の高さや意外な明るさは雪に対する新鮮な驚きや感動を子どもたちに与えます。
詳細はこちら
 雪灯ろうで冬の夜を楽しもう♪
昼間にバケツを使って型をつくり,中を少しくりぬいて夜を待ちます。カチカチに固まった雪の中にロウソクを灯すと,そこには幻想的な世界が広がります。
プログラムシート
冬季野外活動一覧(冬)